藤原デンタルクリニック

  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • 診療の流れ

歯が痛む!その原因と対処法は?

日本人の90%は、虫歯にかかった経験を持っていると言われています。しかし、ほとんど虫歯にかからない方もいらっしゃいます。この差を生み出しているのは、虫歯の直接の原因である虫歯菌の数です。虫歯菌に感染すると、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまいます。これが「虫歯」です。虫歯が進行すると自然には治癒しないため、歯科治療が必要になります。

虫歯の原因は?

虫歯菌

虫歯菌

虫歯菌は虫歯の直接の原因となります。虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされていく病気が「虫歯」です。

糖分

糖分

食べかすなどによってお口の中に残った糖分は、虫歯菌の栄養源になります。糖分が多い食べ物は虫歯のリスクを高めます。

だ液

だ液

だ液には細菌を洗い流す働きがあります。そのため、だ液の量や質によって虫歯菌に対しての抵抗力は変わります。

ブラッシングまでの時間

ブラッシングまでの時間

食事からすぐはだ液の分泌が活発になるため、1時間後くらいのタイミングの歯みがきをおすすめしています。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジンまたはインレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジあるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯治療に対するこだわり

当院では、虫歯治療の際にできるだけお口へのダメージを抑える「MI治療」を徹底しています。「MI」とは「ミニマルインターベンション」の略で、意味は「最小限の侵襲」。患者様自身の歯をできるだけ削らずに治療するという考え方です。

従来の虫歯治療は、悪くなった箇所とその周りを大きく削って金属の詰め物・被せ物をするのが普通でした。しかし、歯は削ることで寿命が縮まり、虫歯が再発するたびに同様の治療を繰り返すと、いずれ歯を失うことになります。

当院のMI治療で削るのは、虫歯に冒された部分のみです。歯へのダメージを最小限に抑えることで、歯がいつまでも長持ちするためのサポートをしています。

治療後のメインテナンスが重要です!

虫歯の治療は、その時の処置さえ終われば完了……ではありません。再発しやすい虫歯を、いかに健康なまま保つかが大切になります。当院では、治療後の予防・メインテナンスが大切であると考え、治療後の患者様に予防歯科をおすすめしています。

千葉県松戸市|診療予約|藤原デンタルクリニック