藤原デンタルクリニック

  • コンセプト
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • 診療の流れ

土台の重要性

歯の治療でまず重視すべきなのは、「土台づくり」です。重度の虫歯を治療した際に被せ物を装着する場合、歯の内部に芯(コア)を入れてしっかりした土台をつくります。この土台づくりをきちんと行うことで、きれいでしっかり機能する被せ物が長年にわたって維持できるのです。

「歯の土台づくり」とは、言わば家を建てる前に行う地盤の強化にあたること。どんなに建物が立派で丈夫でも、ゆるい地盤の上に建った家は何かあったときに崩れてしまいます。それと同様に、歯もどんなに上質の被せ物をつけても、土台がしっかりしていないとすぐにダメになってしまうのです。そのため、丈夫な土台をつくるためには歯周病のコントロールと根管治療が欠かせません。当院では、長年にわたって維持できる歯を実現するために、歯の土台づくりからしっかり時間をかけて丁寧に対処します。

セラミックを用いた審美歯科治療

一般的な歯科治療では、歯の詰め物や被せ物には健康保険が適用される銀色の金属が使われます。「銀歯」としてよく知られているものですが、近年ではセラミック製の素材を用いた自費診療を希望する患者様が増えています。

見た目だけではない「白い歯」のメリット

保険診療で使われる合金やレジン(歯科用プラスチック)は経年劣化するのが早く、数年で再治療となるケースがほとんどです。治療で繰り返し歯を削ってしまうと、それだけ歯の寿命は短くなってしまいます。ご自身の歯を永く保つためには、治療に使用する素材を選んで、できるだけ治療回数を抑えることも大切です。

素材の寿命

歯科用セラミック素材は、天然歯のような自然な白さであることのほかに、経年による劣化がほとんどなく耐久性にも優れているのが特徴です。変色やにおいの付着なども抑えられます。

アレルギーフリー

金属素材である銀歯は、口の中の水分と反応してイオン化し、金属アレルギーの原因となる場合があります。だ液に混ざった金属が身体の内部に取り込まれてしまうと、全身にさまざまな不調を引き起こすおそれもあります。生体親和性が高いセラミック素材なら、そのような心配はありません。

虫歯リスクの低減

虫歯治療で被せ物をすると、歯と被せ物の境目に汚れがたまりやすくなり、虫歯が再発するリスクが高くなります。保険診療で使う素材ではこの境目をぴったりと埋めることが難しいため、セラミックなど保険適用外の素材を使用することをおすすめします。

銀歯を白い歯に替える前に

虫歯や歯周病の症状がある場合は、それらの治療を優先しましょう。当院では、お口の中の状態を良好に保ちながら、患者様のご希望に合った「白い歯」にします。現在、お口のトラブルでお悩みの方も、どうぞお気軽にご相談ください。

千葉県松戸市|診療予約|藤原デンタルクリニック